ドッドウエル ビー・エム・エスのホームページへ
REAL4

BIMについての講演「鉄骨FABとゼネコンのBIM連携と将来展望」

2017年5月25日に東京文具共和会館にて開催された、東京ユーザー会において、株式会社竹中工務店 BIM推進室主任 生産担当 染谷様による、BIM (Building Information Modeling)についての講演が行われました。

講演の主旨

  1. ゼネコンがBIMに取り組む目的の紹介
  2. 鉄骨FABがゼネコンとBIM連携することによるメリットの紹介

紹介内容

  1. 建設業界のBIM動向
  2. ゼネコンのBIM動向
  3. 竹中工務店のBIM動向
  4. 鉄骨FABと竹中工務店のBIM連携事例
  5. 鉄骨BIMの将来展望、期待すること

講演資料

講演資料はPDFにてご提供しています。

全75ページ/3.42MBです。

 

資料ダウンロード

PDFサンプル

講演の動画 (1時間44分)

講演への皆様のご意見・ご感想

  • BIMに関して初めて聞く事ばかりだったので参考になった。
  • ゼネコン側がFABに対してBIMの進め方について、一方的でなくFABにも考慮して進めているのだと感じた。
  • BIMの現状をわかりやすく説明頂き、大変ためになりました。
  • BIMについてゼネコン側の視点から広めていきたい意図、またFAB側のメリットまでの流れが分かりやすく、集中して話を聞く事ができた。
    変更の少ないFIXした情報を受領できるのは利点でもあるので、当社でも実現できるならば是非取り組んでいきたいと思う。
  • 現場での施工工事、設備の下地等で、干渉などの不具合が多くあった。
    BIMにより手戻り作業が少なくなっていくと感じた。
  • 具体的な例が良かった。
    今後のBIM、未来についての話がよかった
  • BIMの歴史も理解でき、とても参考になりました。
  • 難しくてよくわかりませんでした。
  • 大変参考になった。
  • BIMについてなんとなくしか頭に入ってなかったので、今後、実際に導入する際に役にたつお話でした。
  • 竹中さんまで進んだゼネコンが少ない。
  • BIMのメリットや内容がわかりやすいのは良かった。
    REAL4のデータ連携の機能は竹中工務店の物件ではないと使用できないのか、そうではないのか曖昧なので明言していただきたかった。
  • BIMの事がよくわかりました。
  • ゼネコン側の話を聞けて参考になった。
  • 現状まだまだアナログな仕事が多いのですが、将来的にBIMを使用してデジタルの仕事に変化するのを実感しました。
  • BIMスリーブ情報の連携
  • 分かりやすかった。
  • FABのメリットについての説明が良かった。
  • とても分かりやすい講演でした!!資料があるともっとよかったです!!
  • Tekla→Real4のIFC変換の話は初めて知りましたので役に立ちました。
  • BIMの取り組み等が分かりやすかったです。
  • BIMを使った際のこれからのことが知れて、後に生かせると思った。
  • ゼネコンが詳細FIXまでまとめてFABへ支給するとの事であるが、実現可能かと考える。
    鉄骨以外の業者を鉄骨業者と同じタイミングで決めるのかと考えます。
  • FABの事を考えてくれているのにおどろき。
  • 現在、一般図作図~詳細図までの承認まで長い期間がかかるが、合意が早期化に向かっている事が知れたので良かった。
    またその仕組を詳しく知れたので、FABサイドとしてするべき事がよく分かった。
  • 某所でBIM案件に関わらせて頂いておりますが、他社様の動向は興味深く、また勉強になりました。
    後半のTeklaとREAL4の連携についても勉強になりました。
  • BIM、現状の理解ができました。
  • クラス決め等、かなりの内部情報を公開していただき、あっという間の時間でした。
    個人的にはまだまだ時間が足りないくらいです。
  • 今後の仕事にいかせるように努力したいです。
  • 今後の業界の方向が分かってよかった。
  • いろいろな所で講演してもらって据野を拡げてほしいと思います。
  • 説明がていねいでわかりやすかった。
    BIMの活用を考えているので参考になりましたし、ゼネコンさんの考え方を知る事が出来ました。
  • 竹中工務店様のBIMへの将来像が予想されました。
  • いい話が聞けました。
  • BIMについての取り組み、REAL4との相性(ゼネコンのソフト)、理解が深まった。
  • 今後、FABとしてどういうスタンスで進めば良いのかイメージができた。
  • ゼネコン様のBIMの講演に参加したのは初めてだったので、竹中工務店様の会社としてのBIMの取り組みが理解出来て良かった。
  • 竹中工務店様の取り組み内容が具体的で非常にわかりやすかった事と、FAB側の取り組み方の方向性が見えた気がします。
  • 現状、今後の展望を聞くとBIM対応が必要だと思いました。
  • BIMを通して建設業界がどう進むか参考になりました。
  • FABよりの話をしていただき分かりやすかった。
    2020年に向けて竹中さんの案件全て目指すとの事で活用を検討したい。
  • 弊社では、BIM案件が無かった為、今後の物件で起きた時に参考になりました。
  • BIMの実例を聞いた事が無かったので非常に参考になった。
  • BIM物件が今後ありますのでデータを頂いてREAL4で試してみたいです。
  • 今後BIM取り組みの流れがやってきて、将来の展望や現在の状況を詳しくご説明頂いた事が参考になりました。
  • 大変参考になり、今後の業務につなげていければと思います。
  • BIMの将来性についてとても参考になりました。
  • 動向や期待される内容は理解できた。
  • ゼネコンがFABに求めている内容がよくわかりました。
    またゼネコン使用CADなど大変参考になりました。
  • とても分かりやすく、現状と事例による説明があった。
    今まではゼネコンの中でBIMをやっているというイメージだったが、FABにも近いうちに導入されていく様になっていくという風に感じました。
  • FABの製作のしくみなどよく理解されていて非常にBIM化の話がしっくりきた。
    今後もREAL4の進化を期待したいです。
  • とてもわかりやすい講演で良かったです。
    当社は、自走式立体駐車場メーカーで、設計・施工・工場が同じ会社であります。
    事例を参考にして、これからどのような方向で業務を進めていくのかイメージができました。
    ありがとうございます。
  • 具体的な活用事例を知れた。
  • わかりやすかったです。
  • BIMの現状とゼネコンさんとFABとのBIMにおける具体的な流れが分かりやすく説明して頂けて良かったです。ただ、大手ゼネコンさんはお話にあったようなBIMへの取り組みが進んでいるようですが、まだ中小企業のゼネコンさん相手では遠い未来のお話なのが実情だと思います。
  • BIMへの関心が増進した。
  • 設備や付帯との調整による手戻り作業がとても大きくご説明頂いた内容(流れ)で仕事が進む事を切に願っています。
  • 現実的な目線でBIMの考え方が聞けて良かったと思います。
    私達の考えと一番近い考えをゼネコンの方が持ってくれていて安心しました。
    現実的な所、ゼネコンからの一般図支給、その一般図をREAL4で作図すればFABへのデータ支給も可能かと思います。
  • 概要から具体的な取り組みまで非常にわかりやすく、理解が進みました。
  • BIM対応の工事は未経験なんですが、今回の話で目的や作業の流れが理解できて良かった。
  • 効率化の第一歩。
  • 本日はエリア外のユーザー会にお誘い頂き、ありがとうございました。
    BIMに関する竹中工務店さんのお話は非常に興味深く貴重な情報でした。
    今後の業務に活用していきたいと思います。"

▲ページのTOPへ